グループホームふくの森

グループホームふくの森では
6つのコンセプトを基に共同生活を送り、
ハンディキャップのある方の自立のために施設運営を行うよう努めております。

グループホーム
ふくの森のおもい

「親である自分たちがいなくなった後は、誰が子どもをみてくれるのだろうか」障がいをもつ親御様が高齢化を迎えるにあたって、このような問い合わせを多くいただきます。1人暮らしをさせるには不安が多いけど、施設にいれるほど人に頼らなくても大丈夫。少しでもいまの自宅と変わらない生活を送れるようなところはないだろうか・・・

地域の皆様の協力のもと、少しでも不安なく生活していけるよう、生活の指導や食事の提供を受けながら数人の仲間とのコミュニケーションに触れ、将来的に自立した生活が送れるようサポート致します。
誰もが安心して暮らせる、当たり前の暮らしのお手伝いをするホームでありたいと思います。

「ふくの森」のふくには、①福=幸せ ②福祉=社会ケア ③不苦=親も子も苦労しない の3つの想いを込めました。入居者様にとって第二の家になりますように思いやりあるスタッフと共にお待ちしています。

6つのコンセプト

  • 1
    地域密着
    グループホーム ふくの森

    施設周りをお散歩したり、公園でゆっくりお話したり。
    地域の方との交流をはじめ、名古屋市守山区という地域に密着したグループホームです。

  • 2
    自宅のような生活空間
    グループホーム ふくの森

    入居者様が、長く生活する空間ですから、出来るだけストレスを感じさせないよう心掛けています。食事でも雑談が多く、スタッフを含め家族との会話のような雰囲気のあるグループホームです。

  • 3
    健康状態チェック
    グループホーム ふくの森

    看護師による週に1回の訪問看護で健康管理をチェック。
    24時間365日の医療連携を実現しています。

  • 4
    自立支援が出来る
    グループホーム ふくの森

    自立した日常生活又は社会生活ができるよう、一定期間、身体機能又は生活能力の向上のために必要な訓練を行います。

  • 5
    全個室鍵付き、Wi-Fi完備
    グループホーム ふくの森

    入居者様が、これまでと同じ個々の生活リズムを再現できるよう、施設での生活にストレスなく馴染めるよう、快適な環境づくりを心がけております。

  • 6
    安心セキュリティ
    グループホーム ふくの森

    玄関に防犯カメラを設置し、部外者の出入りを防止するなど、入居者様が安心して暮らせるようにしております。

グループホームふくの森では
主にハンディキャップをお持ちの方を
受け入れています。

グループホームにおいて入所者様は、支援スタッフのサポートを受けながら、
5人のユニット単位で共同生活を送り、
ハンディキャップのある方の自立を目的としています。

提供サービス

  • 手作りの食事
  • WiFi完備
  • 全個室鍵付き
  • 医療連携による訪問看護あり(週1)
  • 夜間もスタッフ常駐で安心!
  • 負担のない料金

求人情報

私たちと一緒に
働きましょう

わたしたちが理想とするのは、入居者様と家族のような関係であると思っております。
時間に追われる働き方とは違い、穏やかな気持ちで、自然体で働ける環境です。
ひとつずつ仕事を覚え、仕事を楽しくしていきましょう。

pagetop